買取成立時は車の事故に気をつけるべき

車査定が完了した後は、その車の保管はちょっと気をつけた方が良いと思います。その理由ですが、再査定の可能性があるからです。

例えば6月20日に、車の査定を行ってもらったとしましょう。そして6月25日に買い取り業者に来てもらって、車を引き取ってもらう事になったとします。

ところで6月20日から25日までの6日間はかなり大事だと思うのです。あまり起きて欲しくない事ですが、その期間中に何らかの事故などが発生する可能性もあるからです。

現に次のような事例があったそうです。ある方は、ある買取業者に車の査定を行ってもらったそうです。そして車の売却金額に満足したので、その顧客は業者に対して車を売却する事にしたそうなのです。 ところが車の引き取り日の前に、トラブルが発生してしまいました。車をどこかにぶつけてしまったそうなのです。ぶつけた結果、車に対して傷がついてしまいました。かなりその方は慌てていましたが。

このように、査定が成立した後すなわち20日から25日までの間に車に対する事故などが発生しないように気をつけた方が良いと思います。車に対して傷などが付いてしまえば、やはり査定金額はダウンする可能性が大きいでしょう。では万が一そのような事態が発生した場合には、どうすれば良いのでしょうか

まずは、車買取の業者に対してその旨を正直に申告した方が良いと思います。どこかにぶつけてしまったというのは、買取業者にとってはとても大事な情報だからです。その情報を隠したままにしてしまうと、後がちょっと面倒だと思います。査定金額はダウンする可能性は高いですが、ぶつけた事実は正直に自己申告した方が良いと思います。

そして何よりも、ぶつけないのが一番です。ですので上記の6月20日から25日の間は、車は大事に保管した方が良いでしょう。